愛車はSpcialized Roubaix(ロード)とHardRock(MTB)でアラフォーな自転車生活&日々の出来事更新中。


by ma-bou1967
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

やってきましたBG FIT

a0170086_12555842.jpg

やってきましたBG FIT。

朝、7時30分に出発。途中で水を購入。
10分前にオレンジロードへ。

事前に記入したアセスメントシートから
体の形から自然に体の曲がる状態、長さや角度を
調べて自転車に乗るために必要な情報を得ていく。

僕は右足を捻挫しやすい。
その原因も何となくつかめた。
a0170086_1303075.jpg


詳しくは詳細なカルテ?が出来てからだが、
僕は右足が3mm程長い。
それも脛骨が長いらしい。
なので右に荷重がかかりやすい。
だから捻挫しやすい。
また、右肩が左肩に比べて上がっているらしい。

店長は自転車に乗る前の状態でどうしたらいいかが、
なんとなくつかめたようだ。(スバラシイ。)





a0170086_1335579.jpg

さて、自転車を漕いでみる。

いろいろとやってみると、僕は右足が利き足。
なのに左足で強く漕いでいる事が分かる。

そして右足は下ろす時は膝下が内側へ、
上げる時は外側へ膝下が逃げていく。

これが痛みの原因。

シューズのクリ-ト位置を調整する。
良く、拇指球であわせると言うがそれはイマイチらしい。
a0170086_1312791.jpg

拇指球のチョイ後ろであわせるのがBG FIT。

ここでアクシデント発生。
シューズのサイズがあっていない。大きいのだ。
ここでBG FITを終えるか、シューズを買って続けるか。

せっかくここまでやったのでシューズを購入。
S-Worksのシューズしかサイズがなく、痛い出費。

次にシューズをあわせてローラー台を漕ぐ。
左足を下ろしたときの方が音が強い。
a0170086_13153744.jpg

そこでシューズのソール調整。

やっとローラー台の音が一定。

足がまっすぐに下りた。

ここからは上半身の調整
そして最後に右膝の痛みに対しての
シューズの微調整。

かなり、違和感がないフォームで走れるようになった。

a0170086_13183883.jpg


サドルは10mm高く、1mm後ろへ。
ステムは100mmから75mmへ交換。
シューズは買い替え。43から42へ変更。

今後のカスタマイズとしてはハンドルを小さめに、
クランクも短いモノへ変更できればさらにGoodらしい。

とりあえず、今回のBG FITはおしまい。



でも格段に乗りやすくなった。自分仕様って感じです。
写真は上からBG FITを受けた人への限定タオル
短くなったステム、高くなったサドル。
そして3万オーバーのシューズ。
交換した長いステム。変更になったルーべ全体像です。

しかし、妻への借金が増えてしまったBG FITでした。
[PR]
by ma-bou1967 | 2010-03-20 13:25 | 自転車